特定の栄養素を積極的に摂るのがおススメ|自律神経失調症の治療

女の人

現代で増えている病気

女性

その病気の原因と症状

自律神経失調症は交感神経と副交感神経のバランスが整わなくなり、交感神経が働きすぎたり、また副交感神経が働きすぎて起こる病気です。その原因は不規則な生活を続けていたり仕事や学業などでストレスが溜まっていたりすることから起こることもあれば、女性の場合は妊娠したことによって自律神経失調症となってしまうこともあります。交感神経が働きすぎると緊張感がほぐれることなく夜になっても眠れなかったりいつまで立ってもリラックスできない状態が続き、副交感神経が働きすぎるようになると朝起きれなかったりモチベーションが下がったり体が重だるく感じたりするなどの症状が現れます。自律神経失調症は生活リズムの乱れから起きてしまうことがよくあるため、普段から不規則な生活を続けている人はできるだけ睡眠時間を取ることができるようにしなければかかってしまう可能性が高くなるため気をつけなければなりません。

現代人に多い病気

実は現代では自律神経失調症となってしまっている人は増えており、治療を行なっている人も多いものなのです。主な治療方法は医師から抗不安剤やホルモン薬、そのほか漢方薬が処方され、それを摂取して治していきますが薬だけでなく普段の生活からも治療に向けて改善させていかなければなりません。たとえば食生活はもしファストフードや油ものばかり食べているのであればできるだけ控えて、栄養バランスの取れた食生活を行なうことが必要です。自律神経失調症を改善させる栄養素としては、カルシウムやビタミン類などがあり、日頃から積極的に摂取することが大切です。また、魚料理や野菜料理などで栄養を取り入れたりするのも、食事バランスを保つために必須です。睡眠もしっかりとりながら、アロマセラピーやマッサージを行なうなど、神経がリラックスできる方法を行ないながら生活習慣を改善していくと治療も早く済ませることができるようになります。